求人探しの前に言語聴覚士の資格を取ろう

言語聴覚士という職業は、誰でも簡単になることができるわけではありません。

国家資格を取得して初めて、求人に応募して採用されると言語聴覚士として働くことができます。
そのため求人を探そうと考える前に、どのような流れで国家資格を取得できるのか知っておきましょう。



言語聴覚士の受験資格があるため、独学で勉強していれば問題ないというものではありません。
そこで受験資格を得るために、四年制の大学や短大など、どのような進学先の候補があるのか情報を集めましょう。
このとき進学先の候補となる大学にもさまざまな選択肢があるため、自分にあった進学先を選ぶことが大切です。

授業のカリキュラムを比較するのはもちろんのこと、学ぶこと以外にも、サークルなど大学生の時にしかできないことを学べる環境を選ぶのも1つの手です。

無事に大学を卒業して国家資格を取得したら、いよいよ言語聴覚士として働けます。

ですが大学を選ぶときに、求人まで考えておくことも忘れてはいけません。



就職支援がしっかりとしている大学であれば、大学のほうに言語聴覚士の求人が集まってきます。学校推薦の枠が用意されているケースもあるため、そのような情報を入学前に調べておきましょう。

就職支援の状況が整っているだけで、面倒な就職活動にかかる負担を大幅に減らせます。もちろん就職活動の支援が整っていても、実際に活動するのは自分です。



大学に頼りきりにならず、自分で動いて求人を探すことも大切です。