言語聴覚士の求人とその状況

言語聴覚士は、言葉などの発音や理解力の低下を防ぐためにリハビリテーションを行う専門家で、求人があるケースとしては主に脳神経外科などを標榜する医療機関などになります。
リハビリテーションを行うところとしては他にも介護老人保健施設いわゆる老健があり、こうしたところでも雇用される場合がありますが、むしろ脳卒中で若い人の方が言語障害で困る場合も多くなっていることから、若い人向けに対応をすることが少なくありません。

無論、言語聴覚士の求人は老健でも行われていますが、それほど雇用を行うケースは多くないのが実態です。また、理学療法士や作業療法士などと一緒に通所介護事業所などが雇用を行うケースも増えています。

通所介護いわゆるデイサービスセンターでも、単に要介護者や要支援者に通所してもらうだけでは無く、その機会を捉えての簡単なリハビリをしてもらうことを目的としているわけです。



このように医療機関や介護関係事業所での雇用が行われている言語聴覚士ですが、資格それ自体が出来たのが少し遅いためあまり認知度が高くはありません。
それでも求人を行うところは増えており、リハビリテーションをしっかりと積極的にしていこうとかんがえるところにあっては、潜在的な需要がある国家資格です。



今後、高齢者の数もまたそれに比例しての要介護者の人口も急増するとみられます。


言語聴覚士の求人は今後も増加していくと見られており、医療機関を始めとして多くの採用を考えていくところが出てくると考えられています。